消費者金融を借りるためのポイント

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融は信用情報が大事

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。